トロン(TRON / TRX)の基礎知識|他の通貨との違い・将来性・対応取引所まとめ

トロン(TRX)の基礎知識解説 暗号資産解説
暗号資産解説

当ページでは、トロン(TRON / TRX)の保有や投資にあたり、主な特徴やプロジェクトの目的、買い方(購入・取引できる暗号資産取引所)、そのほか関連する情報などをまとめている。

トロンとは?概要・歴史・目的

トロンとはブロックチェーンを活用した、動画や音楽などのデジタルコンテンツに特化したプラットフォームだ。トロンは2017年に公開されており、このプラットフォームで使用される通貨が「TRX」である。

トロンは、クリエイティブなデジタルコンテンツを多くの人々が快適に楽しめるサービスプラットフォームを提供することを目的として作られた。

プラットフォームであるという点から、トロンはYouTubeのようなものを目指していると言える。ただし、YouTubeなどの動画投稿サイトと異なる点は、トロンは非中央集権的(分散型)なプラットフォームであるということ。YouTubeで動画配信を行うクリエイターは、Googleの広告収入が柱となっている。そのため、全てのクリエイターに当てはまるわけではないが「動画をいかにして再生してもらうか」ということにフォーカスしがちで、「釣り動画」が蔓延することもしばしばある。

それに比べてトロンは、分散型のプラットフォームを構築することで広告中心のマネタイズからの脱却を成功させるとしている。YouTubeのような特定の運営者が存在しないため、ユーザーがクリエイターに直接報酬を渡すことができるのだ。これによりクリエイターは再生してもらうための動画ではなく、純粋にユーザーが満足する動画作成に専念することが可能になり、より良質なコンテンツを生成することが可能になる世界を目指している。

その足掛かりとしてトークンTRXを発行している。開発ロードマップが引かれており、現在も着々とアップデートが行われているコインだ。

名称(英名) トロン(TRON)
ティッカーシンボル TRX
発行開始年 2017年8月
発行上限枚数 1,000億枚
発行方法 マイニング報酬として)
承認方式 Proof of Work(プルーフオブワーク)
中央機関 なし(非中央集権型)
提唱者 ジャスティン・サン
プロジェクト公式サイト https://tron.network/trx?lng=en
公式ツイッター https://twitter.com/tron_jpn

トロンの仕組み・主な特徴・将来性

トロンには、「個人でもICOができる」という特徴がある。ICOとは、簡単にいえばクラウドファンディングのようなイメージだ。クリエイターが作品を作る際の費用が足りない時に「TRON20」というコインを作成し、それを売ることで資金調達できるというものである。

そのクリエイターが人気になれば、コインの価値が上がるため買い手にとってもメリットとなる。これはトロン独自の仕組みのひとつだ。

トロンは1秒間に送受金の処理を約2000件行えるほど、処理速度が速いことでも知られている。ビットコインは毎秒約5件、イーサリアムでは毎秒約25件ということを考慮すると、トロンはかなりの処理速度だということが分かる。

上記TRON20と言ったイーサリアムのスマートコントラクトを模したものや、情報処理能力の高さから、イーサリアムの上位互換、いわゆるイーサリアムキラーと呼ばれている過去がある。イーサリアムも様々な機能アップデートが行われている中で、キラーと呼ばれていた機能に関しては現在も競い合っている状況にある。

またトロンは世界中の大手企業とたくさん提携して、トロンのブロックチェーンを利用したサービスを提供している。アメリカサンフランシスコに本拠地を置く、ソフトウェア開発企業の「BitTorrent」や、スイス最大の電気通信事業者「Swisscom」、韓国の総合家電・電子部品・電子製品メーカーである「Samsung」など。

トロンは自身のプラットフォーム以外にも大手企業を通して多くのユーザーを抱えている。今後さらに活躍の範囲が広がれば、トロンの価格上昇にも繋がるだろう。

さらに、トロンのロードマップは10年規模の6段階で製作されている。4段階目の2021年8月から2023年3月のアップデート「APOLLO」では、クリエイターが自由に独自トークンを発行できるようになる見通しだ。

トロンのこれまでの主なトピック

(2021年3月17日)
日本の大手仮想通貨取引所BITPointに上場

(2018年4月)
韓国大手仮想通貨取引所Bithumbに上場、これにより最高約0.094ドルにまで急騰

(2017年12月)
仮想通貨バブルにより約0.23ドルまで急騰するも、バブル崩壊で急落

(2017年8月)
トロン公開

トロンの購入方法【取扱国内取引所一覧】

  • BitFlyer(取扱なし)
  • CoinCheck(取扱なし)
  • GMOコイン(取扱なし)
  • DMMビットコイン(取扱なし)
  • Bitpoint(取引所)
  • bitBank(取扱なし)
  • Huobi(取扱なし)
  • Zaif(取扱なし)

Binance、Kraken他にて取り扱いあり

トロンの特徴まとめ

  • 2017年にリリース
  • デジタルコンテンツに特化したプラットフォーム
  • 世界中の大企業とたくさん提携
  • 個人でもICOが可能

今後もトロンの最新情報は当ページにて随時アップデートします

タイトルとURLをコピーしました