【アルトコイン週報:11/01〜11/07】アルトコイン好調!メタバース関連は急騰

メタバース関連の仮想通貨 アルトコイン全般
アルトコイン全般

先週はアメリカで年初より話題となっていたテーパリングについて、今後の計画が発表となり大きなニュースとなった。テーパリングの内容によっては価格に大きな影響が出ると見られていたが、仮想通貨はビットコインをはじめとしてそこまでの変動を見せず、比較的落ち着いている様子だ。

ビットコインは週末に向けて緩やかな下降を見せたが、アルトコインは特にメタバース・ゲーム関連が勢いよく価格を伸ばしている様子もある。今回は、その中でも価格を伸ばしているエンジン・ソラナ、そしてイーサリアムの動向について紹介していきたい。

トピック:エンジンがメタバースファンドの設立を発表

エンジンコインの価格チャート(2021年11月1日-11月7日)
(エンジンコインの2021年11月1日〜11月7日チャート)

11月4日、ブロックチェーン技術をゲームに応用するエンジンが「Efinityメタバースファンド」を設立すると発表した。

メタバースとは、最近よく聞くようになったワードだが、metaとuniverseを合わせた造語だ。日本語にすると「仮想空間」となり、現実とは異なる世界を体験できる昨今の技術の多くを表している。

エンジンが得意とするゲームはもちろんのこと、VRなどもメタバースに分類される。

エンジンが設立する新たなファンドの規模は1億ドルにものぼり、大規模な事業展開に期待が集まる。また、エンジンが提携する企業へのサポートなども積極的に行っていくという。

エンジンコインは先週400円台を突破し、高騰が続いている。メタバース関連が盛り上がっている今、特に注目を集めるコインの一つだ。

トピック: イーサリアムキラー、ソラナの躍進

イーサリアムキラーが注目を集めようになって、特に目を見張る成長を見せたのがカルダノだった。しかし先週、そのカルダノとテザーを抜いて時価総額ランキング4位に上り詰めたソラナ。ソラナは先週1週間で23%の上昇を見せた。10月25日に更新した最高値の記録を早くも先週3日に更新し、史上最高値の145億ドルを記録して話題となった。

ソラナの預かり資産も過去最高額を記録しており、今後も目が離せないアルトコインの一つとなっている。

トピック:盛り上がるアルトコイン、イーサリアムの上昇に期待が集まる

メタバース関連が注目を集め、高騰を見せた先週。

ビットコインはほぼ横ばいの価格推移で、週末にはやや下降となった。一方でイーサリアムは、4%の上昇を見せた。アルトコインの多くはまだまだビットコインの価格変動に左右される節があるが、イーサリアムはビットコインと対等であるかのように、価格の上昇を見せた。

また、仮想通貨の流動性が落ち込むのではないかと心配される米のテーパリング計画が発表されるも、大きな変動を見せず落ち着いている。

イーサリアムは2.0へのアップデートへも刻一刻と迫ってきており、期待がどんどん高まっている状態で、多くのアナリストは価格の上昇に期待を寄せている。

ただし価格上昇を見せ、アップデート関連も落ち着いた頃に失速するのではという懸念もある。とにかく、アップデートまではまだまだ上昇を見せてくれるだろう。

先週のまとめと今後の見通しの考察

アルトコインは、特にメタバース関連に注目が集まっており価格の急騰が見られる。特に最近のエンジンコインは200~300円台を中心に推移していた頃から一転、400円台を突破しその後も300円台を中心に推移している。

また、ソラナも史上最高時価総額を記録し4位につけるなど、非常に順調に推移している。イーサリアムはビットコインの価格にとらわれず、上昇を見せるなど期待感も高まっているところだ。

テーパリング計画の発表の大きな影響はすぐにはなかったが、今後の緊縮でどのように変化していくかは注意して見ていく必要がある。メタバース関連は引き続き高騰が続く可能性が高いので、こちらも要チェックだ。

タイトルとURLをコピーしました