イーサリアムにビットコインが流入!?Wrapped Bitcoinとはなにか?

イーサリアムとビットコイン イーサリアムニュース

イーサリアムの価格上昇が続いている。7月末までイーサリアムの価格は320ドル前後だったが、現在すでに400ドル近くまで価格急騰を起こしている。今回は一連のイーサリアム価格上昇の要因とその影響について解説をしていきたい。

スポンサーリンク

イーサリアム価格上昇の理由は?

まずイーサリアムが価格上昇を起こした1番のきっかけはETH2.0への大型アップデートへの期待感の高まりだろう。このアップデートを控えた8月始めでクジラの移動などもありイーサリアムの価格は既に上昇を始めていた。

しかし驚くことにその後も現在に至るまで上昇は続いている。この理由は、ビットコインからの流入が考えられる。

ビットコインから交換されて流入してきている原因として1番大きいのは、分散型金融サービス(DeFi)だ。現在この分散型金融にロックされたビットコインは約390億円分にもなっている。その中で最も預入先として多いのがWrapped Bitcoin(wBTC)である。wBTCとはイーサリアムブロックチェーン上で使えるビットコインである。圧倒的な規模を誇るビットコインは、分散型金融サービスの選択先としてとても魅力的なのだ。

結果としてETH2.0アップデートやビットコインの流入などでイーサリアムは価格上昇を続けている。ではこの価格上昇によってどういったことが起きているのか。今後の予想はまだ専門家たちが議論している最中なのだが、wBTCの新規発行数がBTCを上回ったことが注目されている。

先程も述べた通り分散型金融サービスで最も多い預入先がwBTCである。約390億円分のBTCがイーサリアム内でトークン化されていてそのうちの75%がwBTCによるものなのだ。この390億円分というのは3万1000BTCともカウントすることができるのだが、実は5月中旬までwBTCは3000を下回っていた。まさに一連のイーサリアム価格上昇によって引き起こされた結果の1つと言える。

ETHマイニング収益の増加

さらにもう1点重要なポイントがある。それはマイニング収益の増加である。イーサリアム の価格上昇と分散型金融サービスの手数料の高騰が大きな理由とされている。

現在イーサリアムを最新機器でマイニングすると1日あたりの利益が12ドル程になる。この1日あたり12ドルという数字は最高レベルのビットコインマイニング機器を用いてビットコインを発掘した結果の2倍にの量に当たる。なるほど確かにマイナーたちの報酬周りだけでみてもイーサリアムが注目されることがよくわかる。

この1ヶ月でイーサリアムマイナーの利益が80%も増加をしているという数字的な証拠を見ても、イーサリアムは今まさにアツい状態なのではないだろうか。

まとめると、イーサリアムの価格上昇を起こした原因はETH2.0アップデートとビットコインのイーサリアムブロックチェーンへの流入。価格上昇の影響としてwBTCの新規発行数がBTCを上回り、マイニングの収益が1ヶ月の間に80%も上昇をした、ということになる。

これらの事実を踏まえて今後のイーサリアム、イーサリアム上の他のトークンの動きには是非注目をしていきいたい。

タイトルとURLをコピーしました