エンジンコイン(Enjin Coin / ENJ)の基礎知識|特徴・将来性・購入方法等の解説

エンジンコインとはどのような仮想通貨?詳細解説 暗号資産解説
暗号資産解説

当ページでは、エンジンコイン(Enjin/ ENJ)の保有や投資にあたり、主な特徴やプロジェクトの目的、買い方(購入・取引できる暗号資産取引所)、そのほか関連する情報などをまとめている。

エンジンコインとは?概要・歴史・目的

エンジンコインとは、Enjin Pte.Ltd. (ゲームコミュニティの企業)が立ち上げた「Enjin Platform」で発行される仮想通貨であり、イーサリアムをベースに発行された。

Enjin Pte.Ltd.は、2009年にシンガポールで創業された企業だ。この企業が発行する通貨と、ブロックチェーンエコシステムがエンジンコイン(ENJ)である。

Enjin Platformでは、ユーザーに専門の知識がなくとも新たなブロックチェーンゲームの作成や管理をすることができる。プラットフォーム内でNFTを発行したり、エンジンコインを取り出したりすることも可能だ。

NFT(非代替性コイン)とは、代替不可能なコインのことで、唯一無二の価値を作り出せるという特徴がある。つまり、全く同じものが存在しないということだ。このような特徴を生かして、NFTは主にゲームの分野で多く使われている。ゲーム内で、自分の名前や誕生日、お気に入りのイラストをモチーフにしたものなど、たくさんのパターンがある。有名なクリエイターがデザインしたアート作品もNFTとして高額で取引されている例も多い。

唯一無二の価値を持つNFTはEnjin Platform内で使用でき、必要でないときは「ENJ」と交換することも可能だ。このような機能を「メルト」という。

名称(英名) エンジンコイン(Enjin Coin)
ティッカーシンボル ENJ
発行開始年 2017年10月
発行上限枚数 1,000,000,000ENJ
発行方法 マイニング報酬として
承認方式 Proof of Work(プルーフオブワーク)
中央機関 なし
提唱者 Enjin Pte.Ltd.
プロジェクト公式サイト https://ja.enjin.io/
公式ツイッター https://twitter.com/EnjinJP

エンジンコインの仕組み・主な特徴・将来性

Enjin上で作成されるトークンは「ERC-1155」という規格で作られている。この規格は、「ERC-20」と「ERC-721」を掛け合わせたハイブリッド規格だ。

・「ERC-20」:複数のトークンを一括管理できる
・「ERC-721」:完全にオリジナルのトークンを作成できる

これらの特徴を合わせ持つことで、独自のNFTの作成ができるということだ。

またエンジンコインは、ゲームをプレイしながら稼ぐこともできる。それに加え、単一のゲーム内でアイテムを売買するだけでなく、別のゲーム間でもアイテムを売買し、そのアイテムを使用できるというメリットもある。プレイヤーがゲームに飽きずに、様々な楽しみ方を模索できる仕組みになっているのも、エンジンコインの強みだろう。

今やエンジンコインは、Microsoftやサムスンといった大企業と提携している。サムスンの新型のスマートフォン「Galaxy S10」に内蔵される仮想通貨ウォレットの通貨リストに、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)といったメジャーなコインとエンジンコインが肩を並べている。これが発表された当時は、ENJの価格は最大で約800%を記録。エンジンコインにとって有意義な提携となった。

現在は特に、「Minecraft(マインクラフト)」のEnjinプラットフォーム版の「EnjinCraft」が注目を集めている。マインクラフトはJavaを用いて開発されたビデオゲームで、世界中で人気のゲームだ。

Enjin Craftは通常のマインクラフトと違うポイントがある。それは1つ1つのアイテムに希少価値があり、それをユーザー同士で売買を楽しめるという点だ。エンジンコインならではの楽しみ方ができるため、今後もゲームとの親和性が高いエンジンコインはますます普及していくと見られる。

エンジンコインのこれまでの主なトピック

(2021年3月3日)
ガス代(手数料)高騰に対応するソリューション「JumpNet」「Efinity」を開発

(2021年1月)
国内大手仮想通貨取引所コインチェックに上場、これにより価格が2倍近く上昇

(2019年12月4日)
Microsoftとの提携の報道が広まるにつれ、価格急騰

(2017年10月)
エンジンコインリリース

エンジンコインの購入方法【取扱国内取引所一覧】

  • BitFlyer(取扱なし)
  • CoinCheck(販売所)
  • GMOコイン(販売所)
  • DMMビットコイン(取扱なし)
  • Bitpoint(取扱なし)
  • bitBank(取扱なし)
  • Huobi(取扱なし)
  • Zaif(取扱なし)

エンジンコインの特徴まとめ

  • 2017年にリリース
  • ゲーム分野に特化した通貨
  • NFTの作成も可能
  • 必要ないNFT はメルトでENJとの交換ができる

今後もエンジンコインの最新情報は当ページにて随時アップデートします

タイトルとURLをコピーしました