ビットコインが急騰。トレーダーの動向とナスダックの指数について

仮想通貨と株式の関係(ニュース) ビットコインニュース

ビットコインが26日までに急騰して、9700ドルから10272ドルになった。

スポンサーリンク

ビットコイン価格急騰の背景

この原因は大きく分けて2つ考えられる。1つ目は、アルトコインのトレーダーの精算である。今までアルトコインで取引をしていたトレーダーが、アルトコインを精算してビットコインに移動してきた。アルトコインが上昇したので、ビットコインに変換して利益を確定したのである。

2つ目は、FX系のショート精算である。今まで、過剰にレバレッジをかけて取引していたFX系取引が1万ドルを超えたあたりで精算され、押し上げられるようにビットコインの値が上がっていると考えられる。

ビットコインの今後は楽観できるか、それとも

ビットコインが急騰したことによって、投資家やトレーダーはビットコインに楽観的な考えを示している者もいる。

ある有名なアナリストによるとビットコインの価格が上昇を続けて、5万ドルまで上がる予想している。一方、別のアナリストは「(現在のインフローの増加は)これまでの取り出されていたビットコインが、取引所へ戻っているだけである。今後はアルトシーズンが始まる可能性がある。」と語っている。

楽観的な考えばかりできるわけではない。ビットコインを大量に保有しているアドレスがプラットフォームに送金しているからである。これがどういうことかというと、ビットコインのトレーダーが、自身のウォレットからフィアットに換金するために、取引所から資金を移動しているということである。

長期保有が目的だった個人ウォレットから取引所に移動しているということは、これらが換金をできる状態になっているということである。この動きはビットコインの低下に影響を与える可能性があるので、注意する必要があるだろう。

ナスダック指数にも注視

また、今後のビットコインの値を左右する要素として重要なのがナスダックであるわけだが、現在のナスダック100の指数が前年比でプラスになっている。コロナウイルスの影響で年間暴落率が過去20年間で最高水準なのであるのにもかかわらず、ナスダックはプラスになっているのである。コロナなのに上がり続けているこの状況は、若干ナスダックテック型はバブル状態であると言える。

株式の投資家は、コロナウイルスの影響で安定株の購入を行っており、これによってナスダック100指数は、コロナ前の水準を600ポイント上回っている。もちろん米国株依存のビットコインは、ナスダックが上がり続ければ、ビットコインも上がり続けると予想できる。しかし、もしナスダックのバブルが弾ければ、ビットコインも大きく値下がりする可能性が高いので注意が必要である。

現在、ビットコインはナスダックの影響もあって若干バブルになっているといえるだろう。しかし、アルトコインの利益確定などが背景にあると考えられるので、ビットコインは100万円を突破したが、今後、安定するとは言えない。大型ウォレットの換金など、値動きには十分目を張っておきたい。

タイトルとURLをコピーしました