ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash / BCH)の基礎知識|BTCとの違いや将来性など

ビットコインキャッシュ(BCH)とはどんな仮想通貨?特徴や将来性の解説 暗号資産解説
暗号資産解説

当ページでは、ビットコインキャッシュ( Bitcoin Cash/BCH)の保有や投資にあたり、主な特徴やプロジェクトの目的、買い方(購入・取引できる暗号資産取引所)、そのほか関連する情報などをまとめている。

ビットコインキャッシュとは?概要・歴史・目的

ビットコインキャッシュとは、2017年8月にビットコインからハードフォークして誕生した仮想通貨である。ハードフォークとは、仮想通貨のアップグレードを意味する。ハードフォークが行われると、従来のソフトウェアとの互換性がなくなる。そのため、ハードフォーク前の仮想通貨とハードフォーク後の仮想通貨に枝分かれすることになる。

当時、ビットコインは処理速度の制限による手数料の高騰)が問題になっていた。これを解決するのが、ビットコインキャッシュである。2018年5月にブロックサイズの拡大とスマートコントラクトの実装を行うハードフォークを実施している。ちなみにこのハードフォークでは、まだビットコインとビットコインキャッシュは分裂していない。

2018年11月に再びハードフォーク(ハッシュウォー)が行われ、ビットコインから分裂したビットコインキャッシュが発生する。ビットコインキャッシュの最大勢力と、ビットコイン考案者であるサトシ・ナカモトの開発理念に忠実なビットコイン側とで、開発方針が対立したのだ。

議論をするも、両者は折り合いをつけることはなく、ビットコインのブロックチェーンは分岐される。分岐後は、両者でどちらがより長いチェーンを作成できるか競い合った。ブロックチェーンには、長い方に正当性が与えられて短い方は消滅するという意思決定ルールがあるためだ。

長いチェーンを作成するには多くのマイナーを集めて、ブロック生成に必要な計算能力であるハッシュパワーを獲得する必要がある。このような競争を、「ハッシュウォー」という。結局、ハッシュウォーで決着がつくことはなく、2つのチェーンがそれぞれ独自の開発を進めて完全に異なる2つの仮想通貨に分岐することになった。

名称(英名) ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)
ティッカーシンボル BCH
発行開始年 2017年8月
発行上限枚数 2100万枚
発行方法 マイニング報酬として
承認方式 Proof of Work(プルーフオブワーク)
中央機関 なし
提唱者 Enjin Pte.Ltd.
プロジェクト公式サイト https://bitcoincash.org/ja/

公式ツイッター https://twitter.com/bitcolncash

ビットコインキャッシュの仕組み・主な特徴・将来性

ビットコインキャッシュはビットコインのハードフォークから誕生したため、基本的な仕組みはビットコインと同じだ。

大きく異なるのは、ブロックサイズである。ブロックサイズはネットワークの処理能力を表しており、大きいほど能力が高い。ビットコインのブロックサイズが上限1MBに対して、ビットコインキャッシュは32MBだ。これにより、ビットコインの送金速度が10~20分であるのに対し、ビットコインキャッシュは5~10分で済む。

また、ビットコインは「デジタルゴールド」として価値の保存を目指す一方で、ビットコインキャッシュは「決済通貨」としての役割を果たそうとしている。手数料を安く抑える、というのがその取り組みのひとつだ。手数料が高いために送金できない微量のトランザクション(取引)も承認することや、一部のトランザクションで手数料を徴収しないことを発表したマイナーもいる。手数料が高騰し続けるビットコインとは違った取り組みをして、決済通貨としての利便性を追及している。

さらに、ビットコインキャッシュは決済方法にも組み込まれており、決済手段として普及している。米大手決済会社ペイパルでの仮想通貨決済では、取扱資産の欄にビットコインキャッシュも名を連ねている。

ビットコインキャッシュの投資信託が米証券預託機関(DTC)の認可を取得している例もある。

今後も決済手段として普及が進んだり、投資信託として展開されたりすればビットコインキャッシュの価格上昇の可能性は大いにある。

ビットコインキャッシュのこれまでの主なトピック

(2020年4月8日)
1回目の半減期を迎える

(2018年11月)
ビットコインから分裂するハードフォーク(ハッシュウォー)実施

(2018年5月)
ブロックサイズの拡大とスマートコントラクトの実装を行うハードフォークを実施

(2017年8月)
ビットコインのハードフォークによりビットコインキャッシュ誕生

ビットコインキャッシュの購入方法【取扱国内取引所一覧】

  • BitFlyer(取引所/販売所)
  • CoinCheck(販売所)
  • GMOコイン(取引所/販売所)
  • DMMビットコイン(販売所)
  • Bitpoint(取引所)
  • bitBank(取引所)
  • Huobi(販売所)
  • Zaif(取引所)

ビットコインキャッシュの特徴まとめ

  • ビットコインのハードフォークにより2017年に誕生
  • ブロックサイズが大きく、処理能力が高い
  • 手数料を安く抑える取り組み
  • 決済通貨として普及

今後もビットコインキャッシュの最新情報は当ページにて随時アップデートします

タイトルとURLをコピーしました