ビットコインが下落トレンド入り!?今後の復調はあるか?展開を予想

ビットコイン価格下落 ビットコインニュース

ビットコインから以前までの勢いが失われつつある。

先週木曜日に価格が大きく落ちる事態が起きたが、その次の日には10500ドルを割ってしまうところまで価格が下落した。その後も下落が続き、ついには一時的に10000ドルを割ってしまうところまで下がってきてしまった。

全体的な米国株の下落もあり、今もまだビットコイン価格の下落傾向は続いている。

今回は記事ではビットコインの現状分析と今後の予想について話していきたい。

スポンサーリンク

ビットコイン価格の現状について

先週から始まったこのビットコインの下落トレンドは、まだしばらく続くのではないかと考えられる。

理由として挙げられるのは、イーサリアムで起きている調整である。

7月、8月とETH2.0やDeFiの影響で大きくその価格を伸ばして来たイーサリアムが、ここにきて下落に転じた。ビットコイン価格はイーサリアムと共に上昇してきていたため、揃って調整的な動きが入ると予想される。

バブル崩壊とまではいかないが、熱を帯び過ぎていたように感じる投資家が増えるなかで、ギリギリまで耐えて一気に崩れた印象である。

今回の売りは、大口保有者達の初期の精算だと筆者は読んでいる。相場はまだ上げたいが、利益も確保したい。チキンレースのような状態である。しばらくはこのトレンドが続くのではないだろうか。

ここで重要になるのは、サポートラインを守ることが出来るかである。多くの投資家が利益を確保するために売りに入っているなかで、価格を保てるかどうか。サポートラインを割れば、小口投資家にも不安が広がり、売りが拡大してさらなる下落を招くだろう。

一方、10,000ドルを割った後にそこまで下がることがなければ、再び勢いが戻ってくると予想される。

コロナウィルスの影響はどうか

コロナウイルスの影響も依然として存在し、仮想通貨への潜在的な期待感は世界的に高まりをみせている。

その一旦として、最近は有名投資家たちのビットコインに対するコメントや意見が散見されるようになってきた。それらの意見も相場の総意に大きく関わってくるため、コロナ拡大→社会不安→新たな価値への期待→影響力のある人々の発言→相場への影響という流れも引き続きチェックしておきたいところだ。

もし大手投資家が資産を投入するなら、それが1つの安心材料となって世界中からのBTCへの資金流入が増えると予想できる。

まとめると、ビットコインは現在一時ほどの勢いばなく、下降トレンドにあることは否めない。とは言うものの、バブル崩壊といった事態ではなく、コロナウィルス拡大を契機として期待感が高まっていることは間違いないだろう。直近のサポートラインがどこまで下がるのかと大手投資家の動向、この2点は引き続き注視すべきである。

私見だが、しばらくは110万前後でもみ合いながら、再び上昇するのではと考えている。

タイトルとURLをコピーしました